「あ!お金がない!」

ふだん、何気ない毎日を過ごしている中で急にお金が必要になることありませんか?

突然の不幸や結婚式のお呼ばれなどさまざまなイベントでお金が急に必要になることがあるかと思います。

このサイトではお金が急に必要な方に向けてお金を借りる方法について詳しくご紹介していきたいと思います。

アイフル

アイフルはバナナマンのCMでおなじみのカードローンで、大手消費者金融で唯一銀行傘下に入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1,000円から借入でき(一部提携のATM.CDでは10000円~)、即日審査・即日融資にも対応している使い勝手のいい便利なカードローンです。

実質年率 年4.5%〜年18.0%
借入限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
即日融資 可能

プロミス

申し込みはWEBで対応できるので、自宅からでも職場からでも簡単に申し込みができるようになっています。身分証明書もWEBアップロードでOKです。平日14時までのWEB契約完了で即日振込も可能で、全国の無人契約機やコンビニATMで返済できるのでとても便利な業者です。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録と、WEB明細利用の登録が必要です。 ※即日振込は平日14時までにWEB契約完了が必要です。

実質年率 年4.5%〜年17.8%(30日間無利息)
借入限度額 1万円〜500万円
審査時間 最短30分
即日融資 可能

アコム

アコムはプロミスに次いで人気の消費者金融系カードローンです。三菱UFJフィナンシャルグループになってからイメージも一新されました。最短30分審査、WEB申し込みで来店不要で即日融資も可能です。返済期日が35日ごとのため、ゆっくり返済できるのも魅力のキャッシング業者です。

実質年率 年3.0%〜年18.0%(30日間無利息)
借入限度額 800万円
審査時間 最短30分審査
即日融資 可能

お金を借りる方法3つとそれぞれのメリット・デメリットとは

急にお金が必要になった時、貯金がない場合はお金を借りることを検討する必要が出てきます。

お金を借りるにはさまざまな方法がありますが、代表的なお金の借りる方法を3つピックアップしてご紹介しましょう。

銀行カードローンでお金を借りる

お金を借りるイメージとして銀行を最初に思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

銀行はお金を預金するイメージが強いものですが、お金を貸すのも銀行の大切な役割のひとつなのです。

銀行カードローンの特徴

銀行では、さまざまなローン商品がそろえられています。

お金の使い道によって専用のローン商品が用意されているのも大きな特徴で、

たとえば家を買う場合には住宅ローン、車を買う場合にはマイカーローンといったものがあります。

こうした専用のローンは比較的金利が安めとなる傾向がありますので、

使い道が決まっている場合は専用ローンを優先して検討するのが良いのです。

ちなみに使い道が決まっていない場合や、

専用のローン商品が見当たらない場合は使い道が自由なカードローンやフリーローンを選ぶことができます。

使い道が自由で使い勝手が良い反面、金利は専用ローンよりは高めとなってしまいます。

銀行カードローンのメリット

金利が低い

銀行でお金を借りるメリットとしては、消費者金融カードローンなどと比べて低い金利で借りることができることが最初に挙げられます。

特に近年はゼロ金利と言われるように、とても低い預金金利で銀行はお金を集めることができますので、

そのぶん安くお金を貸すことができるというわけなのです。

金利相場の比較(上限金利)
銀行カードローン 14.0%~15.0%
消費者金融カードローン 17.0%~18.0%
提携ATM利用手数料が無料

ちなみに銀行カードローンの多くは全国のコンビニエンスストアのATMが手数料無料で利用できることが多いのも大きなメリットの一つと言えるでしょう。

銀行カードローンのデメリット

銀行でお金を借りることはメリットばかりではなく、デメリットも存在します。

審査が厳しめ

たとえば銀行のローンは誰でも借りられるというものではなく、ある程度の厳しい審査は覚悟しなければなりません。

審査時間がかかる

また審査時間も長い時間がかかり、住宅ローンなどでは1カ月かかることも珍しくはないほどです。

このように銀行でお金を借りることにはメリットとデメリットの両面があるということがわかります。

消費者金融でお金を借りる

銀行カードローンの他に、消費者金融カードローンというものもあります。

テレビCMや電車の中吊り広告などで目にする機会の多いことでしょう。

一昔前は無人契約機を利用して誰にも会わずにお金が借りられるということで注目を集めていました。

しかし最近では無人契約機の利用よりも、スマホを使ったインターネット申し込みが主流になってきています。

24時間申込み可能で場所や時間の制約を受けることなく手軽にお金を借りれることが人気の理由のようです。

消費者金融の特徴

消費者金融カードローンは、銀行系カードローンと比べて商品の種類が多くありません。

したがってとてもにシンプルなので、申込み時に迷うことないでしょう。

カードローンをはじめて利用する方にとっては、手続きがわかりやすいという点が、消費者金融カードローンの大きな特徴と言えるでしょう。

消費者金融のメリット

審査スピードが早い

消費者金融カードローンのメリットとしては銀行カードローンとは違って、審査時間の早さを挙げることができます。

最短30分などというスピード審査がうたい文句のカードローンもあるほどで、即日融資にも対応しているところが多くなっています。

審査が甘い

審査についても銀行カードローンほどには厳しくはない印象があります。

もちろん審査はありますし、半数程度は審査落ちという現実もあるのですが、それでも銀行よりは広き門であることに変わりはありません。

消費者金融のデメリット

金利が高い

消費者金融カードローンは銀行カードローンと比べると、金利が高めであることは否めないでしょう。

銀行カードローンと比較して、大体3~4%程度金利が高めです。

したがって長期間あるいはは大きめの金額を借りる場合には支払い利息が多くなってしまいます。

提携ATM利用手数料がかかる

さらに消費者金融カードローンは、コンビニエンスストアなどの提携ATMの利用手数料が有料であることが多くなっています。

頻繁に利用しない方にはあまり問題にならないかもしれませんが、日常的に利用する方にとっては積み重なる手数料は無視できないでしょう。

クレジットカードのキャッシングでお金を借りる

最後に紹介するのは、クレジットカードのキャッシング機能を利用してお金を借りる方法です。

クレジットカードをすでに持っていて、

そのクレジットカードにキャッシング枠が設定されている場合は提携ATMですぐにお金を借りることができます。

クレジットカードのキャッシングの特徴

クレジットカードのキャッシングはカードに追加される機能なので、

基本的にはクレジットカード1枚でキャッシング機能も利用することができます。

金利面は18.0%に設定されているカードが多く、消費者金融カードローンとおおむね同等の金利になっています。

クレジットカードのキャッシングのメリット

キャッシング機能が付いているクレジットカードがすでに手元にある場合、

特に手続きの必要もなく、提携ATMで気軽にお金を借りることができます。

しかしながら、キャッシング機能付きのクレジットカードを持っていない場合は、クレジットカードの申込みからスタートとなるのが難点ともなります。

基本的にはクレジットカードの発行は郵送での受け取りになりますので、申込みから受け取りまでの期間は数日以上かかるものが多くなっています。

店頭で当日受け取れるクレジットカードも一部存在しますが、急いでいるのであれば消費者金融カードローンの方が確実性は高いと言えるでしょう。

クレジットカードのキャッシングのデメリット

金利が消費者金融と同等で18.0%と高めであるのもデメリットの一つと言えるかもしれません。

低金利でお金を借りたい場合はやはり、銀行カードローンでの借入をおすすめします。

ここまで紹介してきた3つの方法は、

いずれにもメリット・デメリットがあり、あなたの置かれた状況によって最適な借り方は変わってきます。

あなた自身がどのポイントを重視するのかしっかりと検討して、一番良い方法を選ぶようにしてください。

結局、お金を借りるにはどこがいいの?

銀行カードローン、消費者金融、クレジットカードのキャッシングの3つの方法を紹介してきました。

それでは結局のところ、どの方法でお金を借りたらいいのでしょうか?

それぞれの方法に向いている人や、向いていない人をまとめてみました。

お金を借りる方法 向いている人 向いていない人
銀行カードローン
  • 低金利にこだわる人
  • 収入が高い高属性な人
  • 年収の3分の1以上借りたい人
収入が少ない人
消費者金融 すぐにお金を借りたい人
  • 低金利にこだわる人
  • 年収の3分の1以上借りたい人
クレジットカードのキャッシング すでにクレジットカードにキャッシング枠がついている人
  • クレジットカードを持っていない人
  • 低金利にこだわる人
  • 年収の3分の1以上借りたい人

自分に合った方法がわからない人はどうすればいい?

お金を借りる方法はいくつもありますが、どの方法が自分に最適なのかわからない、という方もいるでしょう。

そういう人におすすめしたいのはなるべく「低金利」な方法でお金を借りることです。

このサイトで紹介した3つの方法であれば、銀行系カードローンの利用が最も低金利です。

金利が低ければ低いほど毎月の返済は楽になり、返済総額も低く抑えられます。

しかし、そのぶん審査は厳しくなりがちです。

だからと言って最初から諦めてはいけません。

まずは銀行系カードローンに審査を申し込んでみましょう。

審査に落ちてから、消費者金融などの審査が緩いカードローンに申しこむようにしましょう。

お金借りれるところランキング

アイフル

アイフルはバナナマンのCMでおなじみのカードローンで、大手消費者金融で唯一銀行傘下に入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1,000円から借入でき(一部提携のATM.CDでは10000円~)、即日審査・即日融資にも対応している使い勝手のいい便利なカードローンです。

実質年率 年4.5%〜年18.0%
借入限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
即日融資 可能

プロミス

申し込みはWEBで対応できるので、自宅からでも職場からでも簡単に申し込みができるようになっています。身分証明書もWEBアップロードでOKです。平日14時までのWEB契約完了で即日振込も可能で、全国の無人契約機やコンビニATMで返済できるのでとても便利な業者です。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録と、WEB明細利用の登録が必要です。 ※即日振込は平日14時までにWEB契約完了が必要です。

実質年率 年4.5%〜年17.8%(30日間無利息)
借入限度額 1万円〜500万円
審査時間 最短30分
即日融資 可能

アコム

アコムはプロミスに次いで人気の消費者金融系カードローンです。三菱UFJフィナンシャルグループになってからイメージも一新されました。最短30分審査、WEB申し込みで来店不要で即日融資も可能です。返済期日が35日ごとのため、ゆっくり返済できるのも魅力のキャッシング業者です。

実質年率 年3.0%〜年18.0%(30日間無利息)
借入限度額 800万円
審査時間 最短30分審査
即日融資 可能

投稿日:

Copyright© お金を借りる方法!【キャッシング・カードローン徹底比較】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.